-Binary editor- BINED

・ソフト内容
プチコンで16進バイナリデータを編集するツールです。
GRPファイルをバイナリデータとして編集・保存できます。

・QRコード
画像で表示 (v1.10)
zipで保存 (v1.10)

・基本的な使い方
十字ボタンで編集したい場所へカーソルを動かし、下画面のキーボードでデータを入力します。
編集可能なサイズは0000h〜BFFFhの49152バイトです。
これはGRPデータが256x192ドットの256色画像データであるためです。

Lボタン・・・
Lを押しながら十字ボタンでページ送りできます。

Yボタン・・・
バックスペースキーと同じ動作をします。

BS(バックスペース)キー・・・
現在のカーソル位置の1つ前のデータを削除します。

DEL(デリート)キー・・・
現在のカーソル位置のデータを削除します。

INS(インサート)キー・・・
現在の書込モードを「挿入」「上書き」で交互に切り替えます。

TAB(タブ)キー・・・
現在の編集モードを「数値」「文字」で交互に切り替えます。

NEW(ファンクション1)キー・・・
現在編集しているデータを全て破棄し、新しいデータを作成します。

LOAD(ファンクション2)キー・・・
ファイル名を指定し、GRPファイルを読み込みます。
現在編集中のデータは破棄されます。

SAVE(ファンクション3)キー・・・
ファイル名を指定し、現在編集中のデータをGRPファイルとして保存します。

JUMP(ファンクション4)キー・・・
アドレスを指定し、そのアドレスにカーソルを移動させます。
アドレスは16進数で入力してください。
0000h〜BFFFhの範囲外の数値、または16進数以外の文字が含まれていた場合は何もしません。

END(ファンクション5)キー・・・
ツールを終了します。

・範囲選択とコピー
Rボタンを押すと範囲選択モードになります。
十字ボタンで範囲を選択し、対応するボタンで操作を行います。
もう一度Rを押すと解除されます。

Aボタン・・・
範囲選択中に押す事で選択範囲をコピーします。
コピー後、範囲選択は解除されます。

Xボタン・・・
範囲選択中に押す事で選択範囲を切り取ります。
その後、範囲選択は解除されます。

Bボタン・・・
コピーまたは切り取りで複製したデータを貼り付けます。
現在の書込モード(上書き・挿入)には十分注意してください。
範囲選択中の場合は、選択範囲を削除して挿入モードで貼り付けます。
その後、範囲選択は解除されます。

DEL・バックスペース(Y)・・・
選択範囲を削除します。

数値・文字入力・・・
選択範囲を削除し、数値・文字を挿入します。

・編集モードについて
編集モードには数値編集モードと文字編集モードの2種類があります。
数値編集モードでは00h〜FFhの16進数を入力して編集して行きます。
文字編集モードではキーボードで入力した文字がそのまま入力されます。

更新履歴
・1.10
範囲選択・コピー・カット・ペースト機能を追加

・1.04
特定条件下で挙動がおかしくなる不具合を修正

・1.03
バックスペースによりカーソルが画面外へ出ても画面がスクロールしない不具合を修正

・1.02
数値編集モードで数値入力によりカーソルが画面外へ出ても画面がスクロールしない不具合を修正
カーソルを画面最下段へ移動させると表示が崩れる不具合を修正

・1.01
選択中のアドレスを水色で表示するよう変更
JUMP(ファンクション4)を追加
デフォルトの書込モードを「上書き」に変更

・1.00
公開

プチコン MkII プログラム一覧へ戻る
2012-2019 AOGONDO